2008年10月29日

プレッシャーのかけかた

あくまでも初心者用です、念のため。
パムさんの講習で習ったことを自分用に消化してみると、犬にかけるプレッシャーはとにかくボディランゲージでやるべしというのが初心者向けに勧められている模様。

犬に与えるプレッシャーは
・距離が近いほど大きい。
・体が大きく見えるほど大きい
・覆いかぶさるほど大きい
・正面を向くほど大きい
となります(順不同)。

おすすめのプレッシャーポーズは正面を向いて両手を上げて体大きく見せること、でしたっけ。ピョーマに会ったときもこのポーズをして襲われないようにしろ、と習った気が・・・。

コマンドを大声にしても、解決するのは「聞こえる/聞こえない」の問題で、効き目的にはプレッシャーにはならないというのはしつけ教室でも聞きましたっけ・・・。むしろ、大声じゃないとダメになっていかんそうです。

ただし、経験の浅い犬は興奮するとコマンドが聞こえなくなるので、無視してるのか、興奮しすぎなのか見極めも大事だそうです。


posted by べーさん at 10:18| 初心者メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。